朝キャバ・昼キャバも服装はドレスが基本

キャバクラ嬢の服装と言えばドレスというイメージがありますが、朝キャバ・昼キャバも、基本的にはドレスを着て接客します。
やっぱり、可愛くて豪華なドレスはキャバ嬢っていう感じがして華やかですよね。

夜キャバはドレスの質や形にも細かい決まりがあり、あまり安っぽいドレスや露出の少ないドレスは、お店によってはNGです。

お店によって、綺麗めのイメージやかわいい系のイメージなど、求めるセンスが異なりますので、お店のカラーにあったドレスを選びましょう。

朝・昼キャバはそこまで服装に厳しくないので、ドレスの細かいデザインや値段にこだわらなくても大丈夫です。
また、朝・昼キャバは、夜キャバと比べてどうしても時給が低いので、ドレスにお金をあまりかけるのはもったいないですよね。

通販などで買ったリーズナブルなお手頃ドレスでも、朝キャバや昼キャバならまったく問題ありません。
自分の好きなデザインのドレスを着こなして気分よく働きましょう!

 

夜のキャバクラほど華美な服装じゃなくても働けるのがいいところ

朝・昼キャバのほとんどが、夜に比べて服装は大人しめです。
基本的にはドレス着用が多いですが、中にはワンピースOKというお店もあります。
ナチュラルな格好で働けるから、キャバクラ勤務が初めてという人も働きやすいです。

さらにカジュアルOKというお店もあって、普段の自分と同じ格好で働けます。お店の面談時に、どんな服装で働けるかしっかり確認しておきましょう。

また、夜キャバほど華美な服装じゃなくても働けるというのは、周囲にバレにくいというメリットもあります。
夜キャバで働くキャバ嬢は、ドレスを着ていなくてもヘアスタイルやメイクでキャバ嬢だとバレやすいです。

それに比べて朝キャバや昼キャバは、ヘアメイクもそれほど頑張らなくていいので、出勤時も違和感がありません。
周囲にキャバクラ勤務を隠して働いている人も安心ですね。

ただし、カジュアルな格好でいいといっても、パンツスタイルはNGです。
カジュアルファッションにするなら、女の子らしさがアピールできるスカートやワンピースタイプの服を選んでくださいね。

 

朝キャバ・昼キャバで働くのにおすすめなドレス【まとめ】

朝キャバや昼キャバで働くときのドレスは、露出度の低いドレスや、ワンピースタイプのものがおすすめです。
夜キャバではちょっとセクシーなドレスが人気ですが、あまり華美なものや露出度が高いドレスは、朝・昼キャバでは浮いてしまいがち。

夜キャバのドレスのイメージだと少し派手すぎるので、ちょっとおとなしめのデザインでちょうどいいくらいですよ。
もちろん、ドレスを選ぶ一番のポイントは、自分が気に入ったデザインです。

ネットや実店舗でも最近はキャバ向けのリーズナブルなドレスがたくさんあるので、自分のイメージに合ったかわいいドレスを見つけましょう!

また、お店によってはイベントを開催することもあり、コスプレ衣装で出勤する時もあります。

ひとつのお店で長く働くなら、高いドレスを1着持っているより、手頃な価格のドレスやワンピース、コスプレ衣装などをバランスよく持っておくのがおすすめです。