朝キャバや昼キャバも、お店の雰囲気を知るために、体験入店するのがおすすめです。
体入するにあたって必要な持ち物や注意点を解説します!

 

朝キャバ・昼キャバに体入する前に…必要な持ち物をチェック!

体入の際には必要なものをお店で貸してくれることも多いですが、できればやる気をアピールするために自分で用意するのがおすすめです。

 

身分証

体入するのに絶対必要になるのが身分証です。
できれば免許証など、顔写真付きのものがおすすめですが、免許証を持っていない人は、学生証やパスポート、住基カードなどでも大丈夫です。

もしも顔写真付きの身分証を持っていない場合は、体入の前にお店に相談して下さいね。

 

ドレスと靴

ドレスと靴は、お店で借りることもできます。
でも、これから朝キャバや昼キャバで働くなら、体入の段階で自分のドレスと靴を用意しておきましょう。

朝キャバや昼キャバで働くのにおすすめなドレスはこちら!→朝キャバ・昼キャバの服装

お店の人から見ても、最初から自分のドレスと靴を持っているのは、やる気があるように見えて好印象です。

また、レンタル品はサイズが合わなかったり、汚れや匂いが残っていることもあります。
自分のドレスと靴なら、自分に合った清潔なものを用意できるので安心です。

 

ライター

ライターは接客に必要な道具の一つです。
持っていなければお店で貸してくれます。
コンビニでも購入できますが、100円ライターの様に見た目が安っぽいものはオススメしません。

 

ハンカチ

お客様のグラスの水滴を拭きとる時に使ったり、太ももを隠すのに便利です。
タオル風のハンカチはカジュアルに見えてしまうので避けた方がいいでしょう。

 

ポーチ

キャバ嬢は席を移動することが多いので、ポーチや小さめのクラッチバックに荷物を入れておきます。
結婚式やパーティーで使うようなポーチをイメージすればOKです。

 

①朝or昼に働けるキャバクラに応募する

朝キャバ・昼キャバで働くなら、まず朝や昼に営業しているキャバクラを探すところから始めましょう。
求人サイトなどを見ていると、どの求人も営業時間が載っていますので、参考にして下さい。

お店によっては、朝と昼の通し営業をしていたり、朝からラストまで続けて営業しているところもあります。
自分が働きたい時間帯に営業しているお店を選んで、応募してみましょう!

 

②店舗で面接を受けて、体入したい意思を伝える

求人に応募したら、面接を受けます。
面接時には、女性らしい魅力が伝わるように、男性受けするような服装をして行くのがおすすめです。

また、面接時にはお店のシステムや時給など、気になる点をしっかり確認しておきましょう。
もし面接の際に自分と合わないと思ったら、断っても大丈夫です。

面接の際に体入したい意思を伝えると、その場で体入できることもあります。
このお店で働きたいなと思ったら、自分から体入したいという意思を伝えると好感度が高いです。

即日体入を希望する場合、お店のシフトに空きがあれば、そのまま体入させてもらえます。

多くの場合、すぐに体入したいか、後日改めて体入したいかを聞かれることがほとんどですので、面接を受ける際は、そのまま体入の流れになっても大丈夫なスケジュールを組んでおくのがおすすめです。

また、体入に必要な持ち物も、即日体入の可能性を考えて、面接時に持って行くといいでしょう。

 

③体入日時を決定する

後日体入を希望する場合、面接時に体入日時を調整します。そのため、あらかじめ予定が分かるように希望日時を用意しておくとスムーズです。

体験入店の日が決まったら、面接は終了です。
お店も体入するキャバ嬢のために用意をしてくれるので、できるだけ予定変更がないよう、約束した日時は守るようにして下さいね。

体入のお給料は、その日の勤務後に全額日払いで支払われることがほとんどです。
体入の日時を決める時に、体入分の給料の支払いについてもしっかり確認しておくようにして下さい。