キャバクラの仕事に付きものの「アフター」と「同伴」って、どんなものか知っていますか?
アフターと同伴は、夜キャバだけでなく朝キャバや昼キャバでもあるんです。
意外と知らない、同伴とアフターの仕組みを解説します。

 

同伴とは?~お客さんと一緒に食事をしてから出勤すること~

同伴は、出勤前にお客様と会って、一緒に出勤すること。
同伴のパターンで多いのは、出勤前に待ち合わせて、お店の近くでごはんを食べて出勤するケースです。

同伴すると、同伴手当てなどがもらえます。
また、同伴には「店前同伴」「賭け同伴」というのがあります。
店前同伴は、お店の前で待ち合わせ、ごはんなど行かずにそのまま一緒にお客様に来店してもらうことです。

店前同伴は、お店の前で会ってすぐに同伴できるので、一日何組でも同伴することができます。
そのため、キャバ嬢にとってはメリットが大きいです。

また、賭け同伴は事前に同伴する約束をしないままでお客様と会い、食事したりした流れから同伴に持ちこむ方法です。

同伴の約束をとるのが難しくても「とりあえず食事だけしよう」と誘える賭け同伴は、同伴をとるテクニックのひとつでもあります。

 

アフターとは?~お店が終わった後に飲みに行くこと~

アフターは、お店が終わった後にお客様と一緒に飲みに行ったりご飯を食べに行くことです。
同伴は手当てがつくお店がほとんどですが、アフターは手当てが出ないこともあり、一見キャバ嬢にとってはメリットがないように思えます。

しかし、アフターはお客様と交流を深め、次回の来店や同伴につながる可能性を高めるのに役立ちます。
お店で話すよりもゆっくり話せるので、お客様と仲良くなるにはアフターはぴったりです。

お店だけの付き合いではなく、たまにはアフターの誘いに乗ることで、長くつながるお客様に育てることができますよ。

 

要チェック!!夜キャバに比べてアフターや同伴が断りにくい!!

アフターや同伴は、売上げにつながったりお客様と仲良くなれるため、キャバ嬢にとっては大事な営業活動のひとつです。
でも、どうしてもアフターや同伴を断りたいという場合もありますよね。

そんな時、朝キャバや昼キャバは、アフターや同伴が夜キャバと比べて断りにくいというデメリットがあります。
朝キャバや昼キャバで働いていると、どうしても日中時間があると思われがちです。

また、夜と違って営業時間の前後に開いているお店や交通機関も多く、夜と違ってアフターや同伴を断る理由が少ないんです。

そのため、アフターや同伴になるべく行きたくないという人は、最初から学校や家庭の事情など、断るための理由を考えておくといいでしょう。