朝キャバ・昼キャバには時間に余裕のある出張客や観光客が多い

朝キャバや昼キャバは、夜キャバと比べてさまざまな層のお客様が来店します。
中でも多いのが、地方からの出張客や観光客です。

こうした層のお客様は日中でも時間に余裕があることが多く、空いた昼間の時間を使って、朝キャバや昼キャバに来店します。

出張や観光で来ているお客様はお金をつかう率も高いため、お店にとってはありがたい客層です。

また、夜のキャバクラは接待に使われることが多いですが、朝・昼キャバはプライベートで来店されることが多いです。
その分、接客にも気を使う必要がなく、楽しくお話しすることができますよ。

 

仕事からリタイアした定年退職後のシニアもよく来る

朝キャバ・昼キャバに来店するお客様は、年齢層が意外と高いんです。
その理由が、定年退職でリタイアしたお客様が多いから。

リタイアしたことで昼間に時間があるため、朝・昼キャバを利用します。
定年退職されたお客様は、それまで仕事帰りにキャバクラに寄っていたことが多く、キャバクラ慣れしている方も多いです。

客層も良く、シニア層の多いキャバクラは落ち着いた雰囲気で働くことができますよ。

歌舞伎町や池袋のようなにぎやかな繁華街はシニアは少ないですが、郊外のお店や高級店の多いエリアは、シニアのお客様メインの朝キャバや昼キャバもあります。

昼間の時間が自由になるという事は、昼間に働かなくていいリッチなお客様ということも言えます。
気持ちにも余裕があるため接客もしやすいです。

朝キャバや昼キャバに来店されるお客様の中では、特に嬉しいお客様と言えるでしょう。

 

朝キャバ・昼キャバにはホストやボーイなどの同業者も多く来店する

朝キャバや昼キャバに来店するお客様で多いのが、ホストやボーイなどの同業者です。
お店の場所によっては、大半を同業者が占める場合もあります。

昼キャバより朝キャバの方が同業者の率が高いですね。
夜の仕事で働いているため、自分のお店での仕事が終わってから、朝キャバ・昼キャバに飲みに来ます。

同業者がお客様だと、キャバクラの仕事をよく知っているから接客しやすいというメリットがあります。
ノリもいいので、未経験のキャバ嬢でもうまくリードしてくれますよ。

ただ、同業者だけあって接客のチェックが厳しいことも…。
キャバ嬢の経験につながる、貴重なアドバイスも聞けるかもしれません。