月別: 2018年3月

夜キャバと全然違う!朝キャバ・昼キャバの客層

朝キャバ・昼キャバには時間に余裕のある出張客や観光客が多い

朝キャバや昼キャバは、夜キャバと比べてさまざまな層のお客様が来店します。
中でも多いのが、地方からの出張客や観光客です。

こうした層のお客様は日中でも時間に余裕があることが多く、空いた昼間の時間を使って、朝キャバや昼キャバに来店します。

出張や観光で来ているお客様はお金をつかう率も高いため、お店にとってはありがたい客層です。

また、夜のキャバクラは接待に使われることが多いですが、朝・昼キャバはプライベートで来店されることが多いです。
その分、接客にも気を使う必要がなく、楽しくお話しすることができますよ。

 

仕事からリタイアした定年退職後のシニアもよく来る

朝キャバ・昼キャバに来店するお客様は、年齢層が意外と高いんです。
その理由が、定年退職でリタイアしたお客様が多いから。

リタイアしたことで昼間に時間があるため、朝・昼キャバを利用します。
定年退職されたお客様は、それまで仕事帰りにキャバクラに寄っていたことが多く、キャバクラ慣れしている方も多いです。

客層も良く、シニア層の多いキャバクラは落ち着いた雰囲気で働くことができますよ。

歌舞伎町や池袋のようなにぎやかな繁華街はシニアは少ないですが、郊外のお店や高級店の多いエリアは、シニアのお客様メインの朝キャバや昼キャバもあります。

昼間の時間が自由になるという事は、昼間に働かなくていいリッチなお客様ということも言えます。
気持ちにも余裕があるため接客もしやすいです。

朝キャバや昼キャバに来店されるお客様の中では、特に嬉しいお客様と言えるでしょう。

 

朝キャバ・昼キャバにはホストやボーイなどの同業者も多く来店する

朝キャバや昼キャバに来店するお客様で多いのが、ホストやボーイなどの同業者です。
お店の場所によっては、大半を同業者が占める場合もあります。

昼キャバより朝キャバの方が同業者の率が高いですね。
夜の仕事で働いているため、自分のお店での仕事が終わってから、朝キャバ・昼キャバに飲みに来ます。

同業者がお客様だと、キャバクラの仕事をよく知っているから接客しやすいというメリットがあります。
ノリもいいので、未経験のキャバ嬢でもうまくリードしてくれますよ。

ただ、同業者だけあって接客のチェックが厳しいことも…。
キャバ嬢の経験につながる、貴重なアドバイスも聞けるかもしれません。

 

Categories: 夜キャバと違うとこ

アフター?同伴??朝キャバ・昼キャバにもあります!

キャバクラの仕事に付きものの「アフター」と「同伴」って、どんなものか知っていますか?
アフターと同伴は、夜キャバだけでなく朝キャバや昼キャバでもあるんです。
意外と知らない、同伴とアフターの仕組みを解説します。

 

同伴とは?~お客さんと一緒に食事をしてから出勤すること~

同伴は、出勤前にお客様と会って、一緒に出勤すること。
同伴のパターンで多いのは、出勤前に待ち合わせて、お店の近くでごはんを食べて出勤するケースです。

同伴すると、同伴手当てなどがもらえます。
また、同伴には「店前同伴」「賭け同伴」というのがあります。
店前同伴は、お店の前で待ち合わせ、ごはんなど行かずにそのまま一緒にお客様に来店してもらうことです。

店前同伴は、お店の前で会ってすぐに同伴できるので、一日何組でも同伴することができます。
そのため、キャバ嬢にとってはメリットが大きいです。

また、賭け同伴は事前に同伴する約束をしないままでお客様と会い、食事したりした流れから同伴に持ちこむ方法です。

同伴の約束をとるのが難しくても「とりあえず食事だけしよう」と誘える賭け同伴は、同伴をとるテクニックのひとつでもあります。

 

アフターとは?~お店が終わった後に飲みに行くこと~

アフターは、お店が終わった後にお客様と一緒に飲みに行ったりご飯を食べに行くことです。
同伴は手当てがつくお店がほとんどですが、アフターは手当てが出ないこともあり、一見キャバ嬢にとってはメリットがないように思えます。

しかし、アフターはお客様と交流を深め、次回の来店や同伴につながる可能性を高めるのに役立ちます。
お店で話すよりもゆっくり話せるので、お客様と仲良くなるにはアフターはぴったりです。

お店だけの付き合いではなく、たまにはアフターの誘いに乗ることで、長くつながるお客様に育てることができますよ。

 

要チェック!!夜キャバに比べてアフターや同伴が断りにくい!!

アフターや同伴は、売上げにつながったりお客様と仲良くなれるため、キャバ嬢にとっては大事な営業活動のひとつです。
でも、どうしてもアフターや同伴を断りたいという場合もありますよね。

そんな時、朝キャバや昼キャバは、アフターや同伴が夜キャバと比べて断りにくいというデメリットがあります。
朝キャバや昼キャバで働いていると、どうしても日中時間があると思われがちです。

また、夜と違って営業時間の前後に開いているお店や交通機関も多く、夜と違ってアフターや同伴を断る理由が少ないんです。

そのため、アフターや同伴になるべく行きたくないという人は、最初から学校や家庭の事情など、断るための理由を考えておくといいでしょう。

 

朝が苦手なキャバ嬢必見!飲んだ翌日に早起きするコツを伝授!!

朝キャバの仕事は、早朝から始まります。
でも、早起きがどうしても苦手…という人も多いです。
朝が苦手なキャバ嬢のために、お酒を飲んでも早起きできるコツを大公開します!

 

翌日も早起きしたければ、帰宅後の睡眠環境を整えておく

キャバクラの仕事は、遅刻するとペナルティがあるお店もあり、遅刻は絶対NGです。
まずは、帰宅した後にしっかり睡眠をとれる環境を整えておきましょう!
良い睡眠の条件とは、光と音です。

明るいままの環境で眠ると、体はしっかり睡眠をとれません。
眠る時はしっかりカーテンを閉めて、部屋を暗くして寝たり、アイマスクを使うといいでしょう。

眠る時はできるだけ静かな環境がおすすめです。
テレビなどは消し、完全に無音にするか、リラックスできるような音楽をかけるとよく眠れます。

また、香りも安眠には有効です。
カモミールやラベンダーなど、安眠によく効く入浴剤を使ったり、寝る前にハーブティーを飲んだりするのも効果的ですよ。

 

飲むときはお酒と水を交互に飲むように心がける

キャバクラ嬢のテクニックのひとつに「お酒と水を交互に飲む」というのがあります。
これは二日酔いしないために効果がある方法です。

ただし、水をたくさん飲んだからと言って体内のアルコール濃度が薄まるというわけではありません。
お酒と水を交互に飲むことで、お酒を飲むペースをゆっくりにして、少しでもお酒を飲む量を減らすのが目的です。

何も飲まないでいると、お客様から見た時に不自然なので、上手くお酒と水を交互に飲みながら、ちゃんとお酒を飲んでいるように見せかけるテクニックです。
これなら二日酔い位になりにくく、翌朝もすっきり起きられます。

 

翌日も早起きしたければ、就寝時間の4時間前には酒を飲まないようにする

早起きには、アルコールは大敵です。
就寝する4時間前にはお酒を飲まないようにしましょう。
よく「寝酒は睡眠に役立つ」と言いますが、寝る直前にお酒を飲むのは逆に睡眠を妨げます。

お酒を飲むと寝つきは良くなりますが、睡眠が浅くなりしっかり眠れないので疲れが取れないんです。
しかも、寝酒をすると寝ている間にアルコール濃度が低下し、急に覚醒状態が訪れます。

そのため、短時間で目が覚めてしまうことにつながります。
お酒を飲むなら就寝4時間前までに終わらせ、体にアルコールができるだけ残っていない状態で眠りましょう。

眠れないからと言って寝酒をすると、いつの間にか睡眠の質が低下してさらにアルコールを飲みたくなる悪循環になることもあります。
夜寝る前には、安眠効果のあるハーブティーなど、体に優しいものを飲みましょう。

 

翌日も早起きしたければ、帰宅したら一切スマホを触らないようにする

なかなか寝付けなくて、ついスマホをずっと見てしまう…ってこと、よくありますよね。
実はスマホを寝る前に見るのは、睡眠にとっても悪影響なんです!

スマホから発せられるブルーライトは、人の目で見ることのできる光の中でもっともエネルギーが強く、目の奥に刺激を与えます。

そのせいで、安眠に役立つホルモンのメラトニンの分泌が少なくなり、スマホを見れば見るほど目がさえてしまうんです。

ブルーライトの影響を抑えるには、寝る2時間前までにはスマホやテレビなどの液晶画面から離れること。
ブルーライトを目に入れなければ、自然と体は眠る準備を整えてくれます。

どうしてもスマホを手放せないという人は、ブルーライトをカットできる眼鏡などもありますが、やっぱり寝る前はスマホを手放す方がいいです。

しっかり睡眠をとるために、夜寝る前はスマホを離れたところに置くなどして、スマホを見ないようにする努力も必要ですよ。
眠る前に目を休めて、安眠を手に入れましょう!

 

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!